入れ歯

  • TOP
  • 入れ歯

歯を失ったときは…

虫歯や歯周病、そして思わぬアクシデントなど、人はさまざまな理由で歯を失うことがあります。
自分の歯がなければ食事やおしゃべりを楽しめないでしょう。

■ポピュラーな補綴治療「入れ歯」

歯を失ったら、歯を補う治療「補綴治療」が必要です。補綴治療としてもっともポピュラーなのが「入れ歯」。入れ歯というとお年寄りが使うものというイメージがあり、若い方には敬遠されがちですが、最近では自費治療による精巧な入れ歯も増えていますので、患者様の選択肢が広がっています。また、入れ歯には一部の歯を補うための「部分入れ歯」や、すべての歯を補う「総入れ歯」があります。
当院では患者様のご要望にお応えすべく、一般的な保険治療の入れ歯から、より審美性や機能性の高い自費治療の入れ歯まで幅広くご用意しています。いずれの入れ歯をお選びの場合でも、「今お使いの入れ歯よりよいものを」「患者様にぴったり合うものを」という気持ちを込めて入れ歯の製作にあたっていますので、お気軽にご相談ください。

■保険治療と自費治療

「保険治療の入れ歯と、自費治療の入れ歯、どちらがいいの?」とお悩みではありませんか? 保険治療と自費治療の違いは、医療技術や使用する素材の違いにあります。当院では患者様に満足して日常生活を送っていただきたいと願っています。入れ歯の製作にあたっては、まず患者様としっかりカウンセリングを行い、口腔内にぴったり合った治療のご提案をさせていただきます。

保険治療

保険が適用される範囲での治療となるため、最低限の機能が回復されることが目的となっていて、医療技術や使用する素材に制限があります。また、審美性はあまり重視されていません。

自費治療

「医療技術や使用する素材に制限がないため選択肢が広くなっています。保険が適用されないため費用が高くなりますが、審美性・機能性ともに優れており、より快適な入れ歯が完成します。

聖司歯科の入れ歯(自費治療)メニュー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

一般的な入れ歯と違い留め金がなく、変色もしにくい審美的な入れ歯です。審美性に優れているだけでなく、薄い素材でできているため、お口の中での違和感が少ないことが特長です。非金属のため金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

入れ歯側に磁石を、そして残っている自分の歯には磁性金属を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。強力な磁石を使用するため、咀嚼してもずれたり外れたりすることがなく、ぴったりフィットします。留め金がないので審美性に優れています。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

入れ歯のお悩みで多い「噛む時の痛み」を克服した入れ歯です。この入れ歯は、歯ぐきにあたる部分が生体用シリコンでカバーされているため、弾力性に富み、咀嚼時の衝撃を吸収します。吸着性にも優れているため外れにくく、硬いものでもしっかり噛めます。

金属床義歯(ゴールド・チタン・コバルトクロム)

自費治療の入れ歯の中でもっとも選ばれている入れ歯です。当院で扱う金属床義歯の種類は3種類。それぞれに特徴がありますので、患者様に合ったものをお選びいただけます。いずれも薄くできるため違和感が少なく、また熱伝導率がよいため味覚を楽しめます。

ゴールド床義歯

ゴールド床義歯

おもな素材は金やプラチナですが、金属アレルギーを起こしにくくなっています。高品質で精密な入れ歯が製作できます。

チタン義歯

チタン義歯

金属の中でも金属アレルギーをほとんど起こさないといわれるチタンを使った入れ歯です。軽くて丈夫です。

コバルトクロム義歯

コバルトクロム義歯

チタンより比重が重くなりますが、丈夫で長持ちします。