診療の流れ

  • TOP
  • 診療の流れ

1.初診

初診では、問診票の記載をお願いしています。必要事項のほか、どんな小さなお悩み、ご要望でも遠慮なく記載してください。特に全身疾患や現在服用している薬などがある場合は、忘れずにお伝えください。

2.診査

主訴の痛みを応急処置した後は、口腔内全体を診査します。

【レントゲン検査】
自覚症状がなくても虫歯や歯周病といったお口の病気になっていることがありますので、レントゲン検査で調べます。レントゲンでは、目視できない初期の虫歯や顎の骨の状態、歯石の溜まり具合などをみることができます。

【歯の模型の作製】
症例によっては治療が複雑になることがあります。そのような場合には精度の高い治療ができるよう、歯型の模型をつくります。

【歯周病検査】
特に歯周病は自覚症状に乏しい病気のため、歯周病の疑いがある方にはしっかりと検査を行い、病状の説明をさせていただきます。

3.カウンセリング

検査結果をご説明し、それを基に治療プランを立案。今後の治療の予定やご希望を話し合っていきます。大がかりな治療になる場合は、治療の段階ごとにカウンセリングを行いますのでご安心ください。
また、当院ではインフォームドコンセント(説明と同意)に力を入れています。メリット・デメリットなどをきちんとご説明し、治療についてご不明な点については納得していただけるまで話し合います。

4.治療

治療プランに同意していただいたうえで治療を開始します。
成人の場合、約8割の方が歯周病になっているか、その予備軍といわれています。そのため、虫歯治療や審美治療などをはじめる際は、よりよい治療結果を得られるよう、まずは歯周病治療を優先し、口腔内環境を整えてから本格治療に入ります。

5.メインテナンス

治療後の健康な口腔内環境を保つためにはメインテナンスが必要です。そのため当院では定期検診を推奨しています。定期的な診査とクリーニングを行うことで、歯の病気の予防や、早期発見・早期治療に役立てます。